水素水のベストな飲み方

水素水の一般的な飲み方には、以下のような物があります。
一つ目は、水素水サーバーに水を注ぎ、自宅で水素水を生成するという方法。
二つ目は、顆粒スティックに配合された水素を水に溶かして水素水を生成するという方法。
三つ目は、携帯用ゼリーなどが入っている物と同じアルミパウチやペットボトルで摂取するという方法。
これらのうち、ベストなのはアルミパウチの水素水です。
「封を開けるだけですぐに飲める」「持ち運びがしやすい」などの点から、思い立った時にすぐ摂取することができるからです。
では次に、飲むタイミングですが、水素水はどのような時に飲めばよいのでしょうか。
いちばんよいのは、「起床時」「食事前」「入浴後」のタイミングです。
これらのタイミングは、水素が体に吸収されやすいからです。
その際、ある程度の量の水素を瞬時に体全体に行き渡らせることが重要なので、少量をちびちびと飲むよりも、300mlくらいを一気に飲んだほうがよいでしょう。
1日に飲む量は、300~600mlが目安です。
また、ミネラルウォーターは煮込み料理などにも使われたりしますが、水素水は常温で体内に摂りいれる必要があります。
沸騰させると、含有している水素が逃げてしまうからです。
ですから、水素水は別のグラスに移して飲んだりするのもやめたほうがよいでしょう。
アルミパウチのパッケージのまま飲むことで、可能な限り水素を体内に摂りいれることができます。
ただし、ここで問題になってくるのは、アルミパウチを開封してから飲み干せなかった場合です。
アルミパウチは、封を開けるとどんどん水素が抜けていってしまいます。
では、その場合の保存法をお伝えしましょう。
まず、水素水がこぼれても大丈夫なように、受け皿などを置いておきます。
次に、アルミパウチを傾けて、内部の空気を抜いていきます。
この時に水素水がこぼれたら、空気が抜けているという証拠です。
そして、密封します。
ただし、これでも水素が全く抜けなくなるというわけではないので、できるだけ早めに飲むようにしましょう。