首を冷やさないようにして温活

温活のために意識していることが手首・足首・首を露出させないことです。「首」とつく部位を温めておくと、体全体を冷えから守ることができます。
手首・足首・首は脂肪が少なく、外気の影響を受けやすい部位です。首に冷たい風にあたるとぞくっとした経験を持つ人もいると思いますが、このことからも「首」とつく部位が冷えると体が冷えることがわかります。また、夏には足首を出した服装をする機会が多くなりますが、足首を出すことである程度涼しさを確保できます。
体の冷えが気になる私は、特に足首と首は冷やさないようにしています。手首もあまり露出しないようにしているのですが、家事で水を使うため腕まくりをして、常に手首を露出させないようにはできていません。せめて、足首と首は冷やさないようにしています。
冬には足首にはレッグウォーマーを使用します。長さがあってふくらはぎまで覆えるものだと、ふくらはぎの筋肉の冷えを防ぐことができて、さらに温かさを感じられます。
冬以外では長めの靴下を履いたり、くるぶしまで覆えるレギンスを穿いたりしています。夏は少し暑いかなと感じることもありますが、常に長いレギンスを穿くようにしています。
首にはネックウォーマーを使用します。発熱素材を使ったネックウォーマーが気に入っていて、これがあると首だけでなく体全体が温かくなります。冬に外に出るときはマフラーが欠かせなかったのですが、ネックウォーマーをするようになったらマフラーなしでも平気になりました。首を温めることと発熱素材のすごさを実感しました。
冬以外の季節では、鎖骨がでない服装を心がけています。首全体を覆うことはできませんが、鎖骨が出ないだけでも温かさが違います。
このように「首」とつく部位を露出させないようにすることで、体の冷えは楽になりました。脂肪が少なく冷えやすい部位なので、冷えに悩んでいる人はまずはこの部分を冷やさないようにすることをおすすめします。