水素水の効率的な飲み方について

最近結構有名になってきた水素水ですが、自分は毎日飲んでいるので中々健康に効果があると思っています。特に最近では水素水サーバーやフィットネスジムでも水素水が手軽に飲用できるのでありがたいですね。水素水はその名前の通りお水に水素が溶け込んでいるのですが、これは時間が経つと段々水素が抜けていくので注意が必要です。またお水を温めることで水素が失われていく性質があるので、飲む時はなるべく冷たい方がいいとされています。そのために料理などに用いることができないのは残念ですが、普通に飲用する分には問題ないのは便利だと思います。

水素水の効率的な飲み方としては、やはり活性酸素が出てくる時間帯の合わせるといいそうです。活性酸素が出る時間というのは血流が悪くなっている時が多いそうであり、特に寝起きには活性酸素が溜まっているのでこ起床後に飲むと効果的だそうです。水素水に限った話ではありませんが、起床後に一杯のお水をゆっくりと飲むと目覚まし効果もあるので、寝起きに水素水を飲むのは非常に効果的だと思います。しかし水素水に関してはなるべく冷たい状態で飲むと中の水素が失われずに済むということなので、寝起きに冷たいお水だと身体がびっくりしてしまう時があるのは悩ましいですね。

活性酸素が出やすい時間としては運動後があり、この時にも水素水を飲むのをおすすめします。運動後にはきちんとした水分補給をするのはとても大切であり、フィットネスジムなどに水素水サーバーが置いてあるのも納得ですね。運動簿に水素水を飲むと乳酸が溜まりにくくなる効果があるので、翌日に疲れが出にくくなるという効果があるのは嬉しいですね。最近は生活習慣病予防としてフィットネスジムに通っているのですが、運動前と運動後には欠かさず水素水を飲むようにしています。

このように自分は活性酸素が出やすいタイミングで水素水を飲むようにしています。起床後や運動後などを重点に飲んでおり効果も中々に出ていると感じています。